粗大ごみ処分方法

橋本市で粗大ごみを捨てる方法!処分の手順や注意点を解説!

どうも、こんにちは!

便利屋てるまさ谷口です。

今回は橋本市にお住まいの方で、粗大ごみを捨てる方法を解説します!

捨て方やルールが複雑でわからないという人が多いでしょう。きちんとルールを守らないと粗大ごみを回収してもらえないため注意してください。そこで、橋本市における粗大ごみ回収の手順やルールなどを詳しく説明します。

橋本市で捨てられる粗大ごみについて

橋本市では一辺が30cmを超えるものを対象として、原則として1個・1セット・1束の粗大ごみにつき1枚の粗大ごみシールを貼り付けることがルールとされています。詳しい点に関しては下記の通りです。

1個が1点の粗大ごみ

ストーブ、ガスレンジ、自転車、炊飯器、食卓、椅子、応接テーブル、応接椅子、本棚など(二段ベッドは2点、テーブル・椅子は各1)

1セットが1

ステレオセット、スキーセット、ゴルフクラブセット、鏡台、ホームこたつなど(こたつの布団は別、ゴルフクラブなどはガムテープなどでまとめることで1セット扱い)

1束が1

座布団、毛布、布団、ゴルフクラブ、カーペット、衣装ケース、トタンなど(同じものを束ねたもの)

なお上記に当てはまらないもの、あるいは分類が不明なものについては橋本市の環境美化センターに問い合わせをしてください。問い合わせ先は下記の通りです。

橋本市環境美化センター 電話0736-36-1153 (平日8時~16時 土曜・日曜・祝日を除く)

橋本市での粗大ごみの戸別回収の方法

橋本市で粗大ごみを戸別回収してもらいたいならば、粗大ごみシールを購入して粗大ごみに貼り付けて収集日にゴミ置き場に置いておくことで回収してもらえます。収集日については住んでいる地区によって異なるため収集日カレンダーをチェックしてください。橋本市のホームページをチェックすれば収集日を確認できます。

粗大ごみ収集シールは橋本市内のスーパーや小売店などで販売しているものです。黄色シールと赤色シールの2種類が販売されています。詳細は下記の通りです。

1辺が1m未満のもの

黄色シール 1102

1辺が1m以上のもの

赤色シール 1204

シールには収集年月日を記入しておきましょう。さらに、区や自治会名、班名なども記入する必要があります。記入の仕方がわからないときには、自分の住んでいる自治体に問い合わせをしてみましょう。

粗大ごみの大きさによってシールの種類を使い分ける必要があります。一番長い辺が1m未満の粗大ごみについては黄色いシールを貼りましょう。一辺が1m以上ある粗大ごみについては赤いシールを貼る必要があります。

シールには粗大ごみの収集に関する詳しいルールが記載されています。収集できないものやゴミ出しの注意点などは事前にきちんと確認しておきましょう。

粗大ごみを持ち込みで処分してもらう方法

橋本市で粗大ごみを持ち込みで処分してもらいたい人はエコライフ紀北を利用しましょう。エコライフ紀北は橋本周辺の広域ごみ処理場であり、こちらでは多くのごみを回収して処分を行っています。所在地や営業時間などは下記の通りです。

橋本市高野口町大野1827-28

月曜日~土曜日(祝祭日を含む)午前8時~午後4時まで

注釈:11日・2日については、ごみの持ち込みは出来ません。

13日については、午前8時~正午まで

年末年始についてはごみの量が増えるため注意しましょう。特に1229日から31日にかけてはとても混雑します。そのため、年末年始を避けて早めに持ち込みをすることをおすすめします。

エコライフ紀北ではごみの持込みについて手数料がかかるため注意しましょう。手数料は下記の通りです。

家庭系ごみ

50キログラムまで「335+消費税」

(以降、10キログラム増えるごとに「67+消費税」増)

事業系ごみ

50キログラムまで「480+消費税」

(以降、10キログラム増えるごとに「96+消費税」増)

持ち込みができるごみは橋本市で収集しているごみであり、埋め立てごみ以外のものです。ごみはそれぞれしっかりと分別して搬入しましょう。分別されていないと受け取ってもらえない可能性があります。また、搬入するときには市指定のごみ袋に入れる必要はありません。

下記のごみについては持ち込みすることができないため注意しましょう。

・電気冷蔵庫、テレビ、洗濯機、エアコンなど家電リサイクル対象品目

・パソコン

・オートバイ

・ガスボンベ、農業用気化器器具類、農業用ビニール類など

・消化器、バッテリー、タイヤ

・ピアノ、塗料、薬の瓶

また、橋本市では自分で直接ごみの持込みができない人のための制度として依頼ごみ制度を用意しています。こちらは有料の制度であり、本人の代わりにエコライフ紀北へとごみを持ち込むことを依頼できるのです。予約制となっていて、詳しい点については環境美化センターの方まで問い合わせをしてください。

まとめ

橋本市における粗大ごみの処分の仕方についてまとめました。基本的には戸別収集してもらうか、エコライフ紀北にまでごみを持ち込みするかという2つの方法から選びます。どちらの方法でもお金がかかってしまい、いろいろなルールが設定されているため注意しましょう。

またご自身で自宅から粗大ごみを搬出する事が出来ない場合は、粗大ごみ回収業者にご依頼ください。

私たち便利屋てるまさでも粗大ごみを回収する事が出来ます。

1点から大量のゴミ処分まで対応する事が出来ます。

詳しくは不用品回収ページをご覧ください。

それでは以上となります。

最後までご覧いただきありがとうございました。

便利屋てるまさ 谷口

© 2021 便利屋てるまさ!お困り事を全力でお助け致します!