粗大ごみ処分方法

岩出市で粗大ごみを処分する方法【便利屋が解説】

こんにちは。便利屋てるまさ店長谷口です。

便利屋てるまさは和歌山市から関西圏内を対応している便利屋です。

今回は、岩出市にお住まいの方でお家にある要らなくなった粗大ごみを処分する方法をわかりやすく解説致しました。

岩出市では、粗大ごみを自宅まで取りに来てくれる方法ご自身でクリーンセンターに持ち込んで処分する方法の2つのパターンがあります。

岩出市自治体における粗大ごみの出し方や手順、料金、参考事例についてまとめました。岩出市でゴミ捨てに悩んでいる人はぜひとも参考にしてください。

目次

1.岩出市における粗大ごみの定義

2.粗大ごみの収集

3.戸別回収してもらう手順

4.持ち込みで処分する方法

5.捨てる際のルール

6.まとめ

岩出市における粗大ごみの定義

岩出市では、可燃系粗大ごみと不燃系粗大ごみの2種類があります。それぞれ下記のようなごみが含まれています。

可燃系粗大ごみの一例

家具類、布団類、靴類、プラスチック製のおもちゃなど

不燃系粗大ごみの一例

家電製品(できるだけ小型家電)、その他大型の金造類など

岩出市の粗大ごみの収集

岩出市では年に2(5月~6月、11月~12)だけ粗大ごみの収集を行っています。収集はそれぞれの区・自治会単位で行っているのが特徴です。そのため、詳しいことは各自治体の生活環境課へ問い合わせてください。粗大ごみを出す場合には事前にシールを貼り付ける必要があります。

また、下記については粗大ごみとして収集してもらうことはできません。

粗大ごみ収集で回収できないもの

家電リサイクル法対象品、自動二輪車及び自動車、消化器、バッテリー、農機具、がれき類、塗料など

岩出市で粗大ごみを戸別回収してもらう手順

以下で岩出市でこれから粗大ごみを戸別回収してもらうための手順を紹介します。

1.区・自治会で申込みをする

岩出市では個人ごとに粗大ごみの回収を頼めるわけではありません。区・自治会単位で粗大ごみの収集を申し込みする必要があるのです。あらかじめ収集依頼申出書を記入して期日までに区・自治会の代表者に提出してください。申出書はネット上でダウンロードするか、市役所生活環境課で入手できます。

2.代表者を通じて収集日のお知らせと貼付シールが配布される

代表者に書類を提出したものにのみ収集日のお知らせ及び貼付シールが配布されます。代表者以外の人についてはシールが配布されることはありません。

3.シールに記入して粗大ごみに貼り付ける

配布されたシールには排出者の指名を記入することができます。しっかりと記入してから捨てる予定の粗大ごみにシールを貼り付けましょう。シールが貼り付けられていないものは収集されません。また、前回までに配布されたシールを利用することはできないです。

4.指定日に指定場所に粗大ごみを置く

それぞれの区や自治会ごとに指定された日・場所に捨てる粗大ごみを起きましょう。集積場所に粗大ごみを置くときには、通行人の邪魔にならないようにしてください。大型のごみについては、できるだけ小さくまとめましょう。カーペット類や布団類についてはヒモなどでしっかりと束ねてください。小物類については中身の確認できる透明のビニール袋に入れる必要があります。

収集日の当日の午前8時までに粗大ごみを出してください。その際には燃えるゴミと燃えないゴミをきちんと区分けしましょう。

岩出市で粗大ごみを持ち込みで処分する方法

岩出市では岩でクリーンセンターへ粗大ごみを持ち込みで処分することができます。実際に持ち込みで処分する手順は下記の通りです。

1.持ち込みごみ申請書に記入する

2.「免許証等の住所確認ができる証明書」により住所の確認をする

3.無料で粗大ごみを回収してもらう

クリーンセンターに持ち込みで粗大ごみを処分する際に料金はかかりません。捨てる際には有料の指定袋を使う必要もないです。粗大ごみの搬入時間は下記の通りです。

月~金

午前830分~正午

土曜日

午前830分~午後3時(事業系ごみを除く)

岩出クリーンセンターまでは自動車でアクセスできます。クリーンセンター内の移動については職員の指示にしたがってください。

岩出市で粗大ごみを捨てる際のルール

これから岩出市で粗大ごみを捨てる際には、粗大ごみを可燃系と不燃系に分ける必要があります。その際に可燃と不燃に分けることができない場合には、可燃性と不燃性の材質の割合で決めましょう。たとえば、金属部分の多い粗大ごみについては不燃系の粗大ごみとして出します。

岩出市が収集に対応していない粗大ごみについてはメーカーが対応してくれるケースが多いです。産業廃棄物を処理したいときには、産業廃棄物処理業者に問い合わせてみましょう。

公園の清掃活動をして生じた雑草や剪定木を処分したい場合には、管理者に問い合わせてください。都市計画課や生活環境課が対応してくれます。

粗大ごみが収集に対応しているものかどうか判断できないときには、生活環境課あるいはクリーンセンターに相談してください。収集できないものもクリーンセンターへの持ち込みで対応してくれるケースがあります。たとえば、オルガンやエレクトーンはクリーンセンターに持ち込み可能です。ピアノはクリーンセンターでも処分できないため販売業者に問い合わせましょう。

まとめ

岩出市で粗大ごみを処分する際には、区・自治会単位で収集してもらうか、クリーンセンターに持ち込んで対応してもらいます。どちらの方法も無料で対応してくれるのが特徴です。ただし細かなルールがあるため、詳しいことや不明点などについては生活環境課やクリーンセンターに問い合わせましょう。

また自宅にある粗大ごみをご自身で運び出すことが出来ない方は、便利屋てるまさにご相談ください。

便利屋てるまさの粗大ゴミ回収料金やサービス内容は詳しく記載しているのでご覧ください。

24時間無料見積りも受付しております。

お気軽にご相談ください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

便利屋てるまさ 店長 谷口

 

 

谷口 晃聖

便利屋てるまさ代表の谷口です。年齢は31歳です。拠点は和歌山市楠見中。2016年4月に開業してから5年が経ちました。これまでに便利屋業として多種多様な依頼を多くいただき、お客様のお悩み事を解決してきました。どんな些細な事でもご相談ください。

© 2021 便利屋てるまさ!お困り事を全力でお助け致します!